贈与

生前贈与と遺留分 遺留分減殺請求される前に知るべきこと

1、そもそも遺留分とは? 人が亡くなったときに、一定の相続人に対して保障してくれる最低限の相続割合が、法律で定められています。これが「遺留分」です。 2、遺留分の割合について ➀直系尊属(被相続人の父母・祖父母等)のみが …

贈与税の代わりに、相続の際に相続税を納める相続時精算課税制度の質問とその答え

海外居住者への贈与と相続時精算課税 Q1)父親甲(70歳・日本国在住)は、20年前から米国に居住する長女乙(40歳・米国籍)に対して、20万ドルを長女乙名義の銀行口座(米国の銀行口座)に送金する方法で、生前贈与しました。 …

負担付贈与・みなし贈与・低額譲渡の質問とその回答

負担付贈与と譲渡所得 Q1)父親甲は、セカンドハウスに引っ越すので、自宅マンション(購入価格4000万円、現在の時価3000万円・相続税評価額1500万円)を長男乙に贈与し居住させることにしました。 自宅マンションには、 …

平成31年税制改正の解説 9つの資産税の改正内容について

平成31年税制改正の内容が公表されました。 平成31年税制改正の内、資産税(相続税と贈与税)に関係する項目を、以下において解説いたします。 個人事業者の事業用資産にかかる相続税の納税猶予制度の創設 非上場株式の相続税の納 …

注意点をまとめた生前贈与と贈与税Q&A4つ

Q1親子間の金銭の貸し借りの場合に利息を付けないと贈与税を払う事になりますか? 息子に頼まれ、父親が無利息で金500万円を貸与しました。 このような親子間の金銭貸借において、無利息の場合には贈与税の課税を受けますか。 A …

不動産にかかる税金とは?(相続・売買・贈与のケース)

不動産にかかる税金の種類とは? 不動産には、次のような、さまざまな税金が課税されます。 ➀印紙税 不動産について、贈与や売買契約をするとか、建物の請負契約をするなどした場合、印紙税(国税)がかかります。 印紙税法に基づき …

相続法大改正の内容と相続税務への影響について

1、改正相続法の概要 平成30年7月6日、40年ぶりの相続法の大改正が国会で成立し、同月13日公布されました。 改正相続法の概要は、以下のとおりです。 ➀配偶者保護規定について イ、配偶者について長期居住権と短期居住権の …

税理士が説明家族信託と相続対策の関係

1、よくある家族信託の相談例 家族信託をアドバイスする相談例を、ご紹介します。 (1)両親が将来認知症などになったときの財産管理についてのご相談 両親が認知症などの病気になり、判断能力がなくなると、以下の困った問題が生じ …

扶養義務者への贈与で相続財産をなくす節税方法

Q.祖父母や両親が、子や孫に対して生活費や養育費を支払っていた場合、贈与税の対象とならないのか? それが本当なら、毎年、生活費や養育費として相当額の現金や預金を子や孫に贈与したいのですが、どうなのでしょうか。 &nbsp …

収益不動産の贈与での相続税の節税方法

Q.両親が所有している賃貸マンションなどについて、子が相続で取得するより生前贈与で取得した方が、節税できる場合があると聞きました。どういうことでしょうか?   A.親が所有している賃貸マンションや賃貸ビルなどの …