相続税

小規模宅地等の評価減特例の近時の主な改正について

1、「小規模宅地の評価減特例」とは? 被相続人と一定の関係がある親族が、被相続人所有の宅地等(特定事業用宅地・特定居住用宅地・特定同族会社用宅地・貸付事業用宅地)を相続または遺贈により取得した場合に、当該宅地の一定面積に …

名義預金・名義株式について

みなし相続財産 一、はじめに 被相続人名義の財産でない場合でも、相続税法上、被相続人の財産とみなされ課税対象となるケースがあります。 「名義預金」「名義株式」「名義保険」の問題です。   二、名義預金について …

生命保険と相続税の関係

生命保険とは、人間の生存または死亡による損失を保障することを目的とする保険です。 相続税との関係で、死亡保険(人が亡くなったら保険金が支払われる保険契約)について、説明します。 1、生命保険の当事者について ➀契約者 契 …

支払った税金が戻ってくる!相続税の過払い(相続税の還付)とは?

リーガル東京の依頼者にも金1000万円以上の相続税還付を受けた方がいらっしゃいます。 1、相続税還付の現状 2、相続税が還付される場合とは。 3、相続税の還付の可能性チェック。 4、相続税の還付の手続とは 1、相続税還付 …

相続税0円でも申告すべき場合とは?

相続財産の相続税課税価格が基礎控除額の範囲で収まるような場合については、基本的には相続税が0円となり、申告不要となります。 例えば、Aが亡くなり、妻Bと長男Cの2名が相続人の場合、基礎控除額が4200万円ですので、相続財 …

« 1 2 3 4